腰痛ヘルニア日記

椎間板ヘルニアの手術を振り返り再発防止・腰痛予防の方法を試してみました

みんなの家庭の医学 1月10日 腰痛・タイプ見分け方&解消法

   

たけしのみんなの家庭の医学 1月10日放送で、腰痛のタイプ別での対処法、解決法が紹介されました。腰痛のタイプを知って正しい対処をすることが重要だそうです。

腰痛解決の大切なポイント

腰痛のエキスパート
福島県立医科大学
整形外科学講座兼任教授 大谷晃司先生に伺いました。

①自分の腰痛のタイプを知る
②痛みがどのステージにあるかを把握

↓ ↓ ↓

最良の対処法・治療法が見つかる

スポンサーリンク

日本人に多い3大腰痛

①腰部脊柱管狭窄症タイプ
神経が圧迫されて脚や腰に痛み・しびれが出る病で、原因が特定できる腰痛のうち3分の1を占める。60代から急増する。

ステージⅠ
寝起きにこわばって重だるい腰痛

対処法
イスに座ってストレッチ

①イスに座り足を肩幅に開き、おじぎをする
②腰辺りがつっぱるのを感じる所で5秒間キープ

③頭の後ろに手を組み、体全体を後ろに下げる
④お腹が少し伸びるのを感じながら、少しきつくなった所で5秒キープ

⑤左側にひねり、少しきつくなった所で5秒間キープ
⑥右側も同様に5秒間キープ

前後左右に四方向に曲げるストレッチを、毎日それぞれ3回行う

関節や筋肉が伸ばされ、やわらかさを維持でき、腰痛の予防・解消に効果的

=============

ステージⅡ
身体を後ろに反らすと腰痛と両脚にしびれ・痛み

対処法
おへそ体操

①仰向けでひざを軽く曲げ、太ももに手を置く
②おへそを覗くように、ゆっくり頭を持ち上げる
※この時、痛みが出た場合は中止する
③この姿勢を5秒間キープ

④次に両手を身体の脇に伸ばす
⑤おへそを持ち上げるように、お尻を上げて5秒間キープ
⑥この動作を繰り返す

POINT
・背骨をあまり動かさないようにして行うと効果的
・1日1セットを10~30回
(1日の間に何度かに分けて行ってもOK)

後ろ反らし腰痛の改善法
動いた時の痛みを軽減させるには、腰全体を安定させるために、腹筋・背筋を鍛える

=============

ステージⅢ
・歩くだけで腰痛と両脚のしびれ・痛み
↓ ↓
対処法
医療機関で受診し治療を行う

スポンサーリンク

②腰椎椎間板ヘルニアタイプ
椎間板の中身が神経を圧迫し、痛みを引き起こす病。原因が特定できる腰痛の3分の1を占める。

ステージⅠ
突然、腰にズキッとした痛み

対処法
お腹へこませ体操

①イスに座り姿勢を正しリラックスする
②お腹に力を入れてへこませる
③お腹の横に手を当てて、腹筋に力を入れ、筋肉が緊張しているのを感じる
④力を入れた状態を5秒間キープしたら力をゆるめる
1日10回程度行う

椎間板周辺の筋肉を鍛えることで、椎間板への負担軽減になり、痛みの軽減や再発を防ぐ

=============

ステージⅡ
前かがみで鋭い腰痛と、片脚にしびれ・痛み

対処法
パピーポジション
(背骨を反らすストレッチ)

①腕を曲げてうつ伏せに寝る
②両手が垂直になるように、ゆっくり上体を起こす
※痛みが出た場合は中止する
④1分間その姿勢をキープ
⑤楽な姿勢に戻る

POINT
上体はできるだけ起こして行うと効果的
腕を伸ばして腰をそらしてもOK
1分間を1日2回以上行う
入浴後は身体が柔らかいので楽に出来るでしょう

飛び出た椎間板をへこませ、前かがみ腰痛の神経への圧迫を軽減させると、痛み・しびれの予防・改善が期待できる

=============

ステージⅢ
・日常生活に大きな支障をきたす痛み・しびれ
↓ ↓
対処法
医療機関で受診し治療を行う

スポンサーリンク

③原因の分からない腰痛タイプ

一般の腰痛患者の約85%は原因が特定できない

最近の研究で長く続く腰痛の原因が分かってきた。

それは、腰ではなく脳の機能低下

過激なストレスによって、脳の痛みを抑える物質が減少して、普通なら感じない小さな刺激なども、痛みとして過敏に反応してしまう。

3週間の入院プログラムで
・心理治療
・運動治療
を行い、 自信や達成感によって、脳内の痛みをやわらげる物質が増加。腰の痛みが感じにくくなる。

関連記事
予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!6【腰痛20日目奇跡】1月7日

 - 腰痛ヘルニア