腰痛ヘルニア日記

椎間板ヘルニアの手術を振り返り再発防止・腰痛予防の方法を試してみました

ヘルニア手術に向けて

      2016/12/31

手術・検査説明

入院から2週間後に手術日が決まりました。担当医師から、家族を交え2回の説明がありました。この頃になると私はかろうじて車椅子に座ることが出来る様になっていたので、車椅子で担当医の部屋まで移動し説明を聞きました。

1回目の説明は手術を受けるにあたり必要な2つの検査についての説明でした。
・脊髄造影検査
・椎間板造影検査
どちらも間違いなく痛そう・・・。検査方法、リスクに関する説明を淡々と聞き同意書にサインしました。「はー・・・。」心の中でため息をつきました。

 

スポンサーリンク

 

2回目の説明は病状説明と手術内容・手術方法でした。
病状については大体把握していましたが、手術に関するリスクの説明が意外とたくさんありました。再発等した場合、再手術で背骨にボルトを入れる事があるかもしれないと見せられた誰かのレントゲン写真は人間の体とは思えないくらい結構な数のボルトが突き刺さり固定された背骨が写っているものでした(驚!!)。

「先生、手術前に脅かさないで下さいよぉ~」すっかり怖くなってしまいましたが、先生もリスクの説明をしない訳にもいかないでしょう。こちらも心でため息をつきながら同意書にサインしました。手術までのカウントダウンが始まりました。

no-translate-detected_426-19316568

・脊髄造影検査
検査前2時間は飲食出来ず開始を待ちます。お迎えが来てストレッチャーに乗せられ検査室に向かいます。腰から造影剤が注入されレントゲン撮影、そしてストレッチャーごと上半身を30度傾けのCT撮影でした。私の背中で何されてるか全く分からないまま病室に戻ってきました。思ったほど痛くはなかったです。

 

スポンサーリンク

 

・椎間板造影検査
次の日、同じくストレッチャーで検査室まで運ばれました。
「椎間板に造影剤を入れて痛みを再発させます。」と、言われ
「痛みを再発させる・・・。」一抹の不安が・・・
「痛みの原因になっている場所を調べますので、今までと同じ場所が痛いかどうかちゃんと教えてくださいね。」
「・・・。」無機質な検査室で急に不安になりました。

ベットで体を丸めて横になりました。腰の辺りから体の中に冷たい液体が注入される感覚がありました。と!急激に「ぎゃ~~~~!痛い痛い痛い~~!!」やっと収まりかけていた腰から右足先に掛けての激痛が「再現」されたのです。「同じ場所が痛いですか?」「同じ!同じ!痛い~~~!!」「ホントですか?」「ホントだって~~~!痛い~~~~!!」


痛みの場所が確認出来たところでスグに痛み止めを注入されました。久しぶりの激痛にその後の事はあまり覚えてません。病室に戻ってから1時間程で痛み止めの効果も切れ、その後長い時間を過ごしました。

===========================
▲前の記事⇒病室にて
▼次の記事⇒顕微鏡下椎間板ヘルニア摘出術

 - 腰痛ヘルニア