腰痛ヘルニア日記

椎間板ヘルニアの手術を振り返り再発防止・腰痛予防の方法を試してみました

顕微鏡下椎間板ヘルニア摘出術

      2016/12/31

手術前日

2つの検査を終え、2日後に手術日を迎えます。
事前の説明では全身麻酔、顕微鏡下での椎間板ヘルニア摘出手術だそうです。顕微鏡下での手術は傷口が小さく済むようです。さすがにこの頃になると手術に対して不安な気持ちが大きくなってきました。手術経験のある友人は「手術は寝てる間に終わっちゃうから心配しなくても大丈夫だよ!」と励ましてくれました。

 

スポンサーリンク

 

そして、とうとう手術前日。看護師さんから手術までのタイムスケジュールの説明を受けました。麻酔担当の看護師さんはなるべく不安が軽くなるようにいろいろお話して下さいました。今はリラックス出来る様に手術室に音楽が流れるそうで「どんな曲がいい?」と希望を聞かれました。知らなかったぁ~

IMG_1164
手術当日

とうとう当日・・・。
まずは処置室に運ばれました。手術箇所にマーク付けの為、腰に銅線を入れられました。局所麻酔をしていたので痛みはないのもも、体を丸めて横たわった体勢で腰に針金状の物を差し込まれ、ペンチのような物で「プチン」と切られる感覚はハッキリ分かりました。今回、全ての事が自分の見えない箇所なのでいいようなものの、これが見える箇所で行われていたら、1、2回は気絶してたかもしれません。


そして、手術室へ。入口まで家族が付き添ってくれました。緊張もピークです。扉が開き中へ運ばれました。「ドキドキ・・・。」
中で待機していた看護師さんに点滴を付けられたりお話をしている途中でパッタリ記憶がなくなりました。

・・・名前を呼ばれ目を覚ましました。まだ、手術室のベッドの上でした。手術が終わり看護師さんに起こされたのです。「頭が痛い・・・。」術後、私の第一声です。意識は朦朧としていました。その後の事はハッキリとした記憶がありませんが、別室に運ばれ、そこで次の朝まで過ごしました。

 

スポンサーリンク

 

手術は午前中だったので、お昼過ぎには終わっていました。麻酔から覚めた後は、体は鉛のように重く、体中が痛く固まったように動かす事も出来ませんでした。少しづつ意識が戻って来て家族と会話する事は出来ました。

夕方頃に家族が帰った後、疲れたのと痛みから逃れるために眠りたかったのですが、不思議と全く眠れず悶々としていました。痛みが辛く痛み止めの注射を打ってもらいました。足にはフットポンプが付けられていました。眠れないまま時間が過ぎるのがやたらと遅く、夜中の3時くらいかと思って看護師さんに聞いたら「夜の11時ですよ」と言われうんざりしました。

フットポンプの規則的に聞こえてくる「プッシュー・・・プシュー・・・」のエアーの音がだんだんイライラしてきて「早く朝になってくれ~~」とそればかり考えていました。入院してから一番辛くて長い長い長~い夜でした。

===========================
▲前の記事⇒ヘルニア手術に向けて
▼次の記事⇒手術翌日

 - 腰痛ヘルニア